その数字は安全か?

パラノイア的アプローチをやめる
コンテンポラリー風水コラム 数字
I had a phone call recently from a lady buying a condo who was very concerned about the presence of the number 4 in her suite number. For those who don’t know, historically this number has been seen as bad luck because the word for it in all Chinese dialects sounds like the word for death. Therefore, in that culture, the number has an association with death and people avoid using it in addresses and phone numbers.

最近、ある女性が私に電話してきました。

その女性は自分のマンションの部屋番号が「4」であることを非常に気にしていました。

なぜなら、4の読み方が、どの中国語の読み方でも「死を意味する言葉と発音が同じ」だからです。

そのため中国では、この番号を住所や電話番号などに使うことを忌み嫌ってきた習慣があります。

However, the same culture also views 8 as good luck, stating that it looks like the symbol for infinity but upright (in Cantonese, that number sounds like the word for ‘fortune’). One could choose to see 8 as two times 4 (which it is) and therefore as ‘double death’ but for some reason they don’t (even though death could be seen as being merged with infinity). I believe that this shows that how you choose to see a given number is a matter of interpretation and belief.

しかし、同じ中国文化では、「8」は無限大の記号(∞)を縦にしたもので、幸運の数字だと見なします。
(広東語では、8の発音は「幸運」という意味の言葉と同じ発音です)

8を「2倍の4」(つまり死が2回)と見ることもできるのに、なぜか、そうはなりませんでした。

もしかしたら、「死と無限大」がある意味同じものと見なされているのかもしれません。

以上の例から、特定の数字に意味をつけることは現実問題ではなく、「解釈の仕方と考え方の問題」であることを示しています。

I think that whenever we are afraid of something, it’s valuable to articulate the envisioned consequences. What is it that might happen if you live on the 4th floor, or in a home with the number 4 in it? Will there be an earthquake and the fifth floor will drop onto the fourth floor, killing everyone on the lower floor but leaving everyone and everything else unscathed? Only people living there will have bad luck while others will have good luck? Will people sitting in the fourth row of a plane be the ones to die in a plane crash but no one else? Or will the plane crash because YOU are sitting in the 4th row (but not when someone else does…)?

何かを恐れているなら、「想定される結果」を明確にすることは重要です。

例えば、4階に住んでいると(あるいは部屋番号が4の家に住んでいると)どうなるかを想定してみましょう。

地震が起きて5階が4階に落ち、その下の階の全員が死亡します。

この場合、誰もが無傷で済むことはありません。

それなのに、4階に住んでいる人だけが不運で、他の階の人は幸運だということになりますか?

また、飛行機の4列目に座っている人々は、飛行機事故にあえば死ぬ運命の人になりますが、他の席の方も同じく死ぬ運命にあります。

それとも、あなたが4列目に座っている時に限って飛行機が墜落すると考えますか?

Do things really change if you adjust the numbers associated with an objective reality? In Vancouver’s suburb of Richmond, which has a lot of Chinese residents, a lot of buildings don’t have a 4th floor. Let us also be aware that a lot of North American buildings don’t have a 13th floor (airplanes don’t have 13th rows either), so this kind of belief is actually not just limited to a single culture. Now, whether the number isn’t there or not… the floor which is now the 14th floor actually IS the 13th floor if you count up – so it is just the symbol of the number that’s important? Not the actual presence of the value of that number?

関連する数字を変えることで、状況は本当に変わるでしょうか?

中国人が多く住むバンクーバー郊外のリッチモンドでは、多くの建物に4階はありません。

また、北米の建物の多くは13階を持たないし、飛行機も13列目はありません。

なので、この種の信念は特定の民族に限定されるわけではないことが分かります。

さて、その階数があるかどうかと言うと・・・14階と呼んでいるフロアでも実際に数えると13階です。

重要なのは数のシンボルだけでしょうか?

またはその数の値の実際の存在ではないでしょうか?

You can see how deep a rabbit-hole this can lead you down.
What is your view of the world and life if this becomes your view of reality?

あなたが見ている世界や人生が、あなたの現実を作っていきますよね。

ウサギが狼に追いかけられると、穴を掘って中に逃げます。

その穴を狼は掘ってウサギを追うのがいいか、時間の無駄なので狼はあきらめたほうがいいのか。

この議論に正解はありません。

これらの「縁起を担ぐ番号」の意味を追求するのも、同じ状況のような感じがします。

事実を追求するのは時間の無駄になると思います。

The fact is that the number four is an important number. Chairs tend to have four legs. Tables too. Do we see them as unlucky because of that? They’re actually far more stable than chairs and tables with three legs. It is a very grounding number, as the even distribution of four corners creates great stability, representative of the Earth element (and we do say ‘the four corners of the earth’).

現実的なことを言えば、4番は重要な数字です。

椅子もテーブルも、4本の脚を持つものがほとんどです。

私たちは、椅子やテーブルがそのせいで不運になっていると思いますか?

4本の椅子やテーブルは実際のところ、3本脚の椅子やテーブルよりもはるかに安定しています。

4つのコーナーの安定性は、世界中で広く知れ渡っています。

地球は4つの要素で成り立っていますし、地球の果ては「地球の四隅」と表現されています。

In traditional Feng Shui, with the application of compass directions, each individual is said to have four lucky directions and four unlucky directions. If we apply the same thought process here, couldn’t the lucky directions actually be unlucky because there are four of them?

伝統的な風水では、方位磁石の方向を適用して、各個人は「4つの吉方位」と「4つの不運な方位」を持っていると言われます。

ここで上記の「4番不運説」を適用すると、「4つある吉方位は不運を招く」ということになるのでしょうか?

(なぜなら4がつくからです)

Here’s the main thing about this whole issue. It’s an important thing to realize:
We are all going to die.

問題全体を通して考えるべきことがあります。

理解しておく重要ポイントがあります。

私たちは皆、いつかは死ぬのです。

Even more than this… we are all in the process of dying. We have all been getting closer to death since we were born and we are closer to death in each moment that we live.
What happens when you become afraid of the inevitable? If death IS inevitable (and it is), then does it make sense to fear it? Won’t your quality of life suffer as a result?

さらに言うと、私たち全員が「死の途上」にいます。

私たちは生まれた時から毎日死に近づいており、生きている瞬間、瞬間、死に近づいているのです。

避けられないことを恐れるとどうなりますか?

死が避けられない(そしてそうである)なら、それを恐れることは理にかなっているのでしょうか。

恐れにあなたの生活の質はふりまわされていませんでしょうか。

If you believe that a number will accelerate your demise, then you will be living with a level of fear as you will always feel a victim to circumstances beyond your control. The number of your street address or suite number? The number of legs on your chairs and tables? The numbers of corners of a book? The four corners and walls of a room? When does it stop? Are all of them bombarding you with death rays that are trying to rid the planet of your presence?

もし、数字が自分の死を早めると信じているのであれば、

「私はどうしようもない状況の被害者である」と感じながら、常に恐怖の中で生きていくことになるでしょう。

住所や部屋番号の数字?
椅子やテーブルの脚の数?
本の角の数?
部屋の四隅、壁の数?

キリがありません。

それらはすべて「あなたをこの世から排除しようと死の光線を浴びせている」のでしょうか?

My suggestion: release this fear. Your life is not going to fall apart because a number sounds like a certain word in another language (or even if it is your own language, how is it going to affect you?). I am all for associations and connections of ideas – this is how Feng Shui works and a lot of our lives – but some obtuse connections that are fear-based are truly counter-productive and unhealthy.

私は「番号に関する固定観念」を解放したいと思います。

特定の数字が「他の言語の単語」と似た響きだからといって、この番号が不運をもたらすことはありません。

それがあなたの母国語であっても、あなたに影響を与えることはあり得ません。

私は、物事に関連性や相似性を見出すことは賛成です(風水の仕組みや私たちの生活の多くがそうであるので)

しかし、恐怖心に基づく「こじつけ」は逆効果で、非常に不健康です。

In the English language, we have the phrase, “1, 2, 3 – go!”, which refers to starting a race or some activity. The word ‘go’ is spoken where the number 4 would be. What if you saw the number 4 as the impulse to take a step, to move forward, to get things done? Jay-Z released his 13th No.1 album entitled 4:44 … which received 8 Grammy nominations – what a great way to blow apart both superstitions!

英語では、かけっこ競争や物事を始めるときに掛け声で、「1、2、3、 GO!」という言葉を使います。

この最後の「GO」という言葉は、1,2,3の次に来るので4番目ということになります。

でも、4番を一歩踏み出し、前進し、物事を成し遂げるための掛け声としています。

ジェイ・Zは13枚目のNo.1アルバムを4:44と題してリリースしましたが、8度のグラミー賞ノミネートをされました。

このような爽快な方法は、4と13と言う両方の迷信を吹き飛ばします。

It can be difficult to release beliefs when they are ingrained in our culture and accepted by many people. But we all do have choices about what we continue to believe. Rather than the ‘paranoia’ approach to life – that everything is out to get you – how about taking the ‘pronoia’ approach, which states that everything is actually rigged in your favour… to the extent that you believe it is and choose to live that way. Let me also be clear here that my comments here are not about any particular culture’s beliefs – this is something that applies to all cultures. It is one of the reasons that I believe it is so important to learn to speak at least two languages and to travel widely: because so much of what we believe is just learned and not necessarily true.
May the odds (and evens too… including all even numbers) forever be in your favour!

文化に根ざし、多くの人に受け入れられている信念を捨てるのは難しいかもしれません。

しかし、私たちは誰でも「なにを信じ続けるか」選ぶことができます。

すべてが自分を捕らえようとしているという「パラノイア」的なアプローチではなく、「プロノイア」的なアプローチをとってみてはいかがでしょうか。

これは、すべてが実際には自分に有利になるように仕組まれているというものです。

ここではっきりさせておきたいのは、私のコメントは特定の文化の信念についてのものではないということです。

少なくとも2つの言語を話せるようになり、広く旅をすることが大切だと思う理由のひとつです。

なぜなら、私たちが信じていることの多くは、ただ学んだことであり、必ずしも真実ではないからです。

確率(偶数も含む)が永遠にあなたに有利でありますように。